月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
有永浩太
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
utopiano
内田悠
内山太朗
浦上陽介
稲村真耶
大浦裕記
大迫友紀
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
小林克久
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
Kei Condo
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
添野順
高島大樹
竹口要
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
長野史子
蜂谷隆之
橋村野美知
服部竜也
濱端弘太
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮田光善
宮岡麻衣子
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
瀬川辰馬
三浦ナオコ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:金継ぎワークショップ ( 7 ) タグの人気記事
金継ぎ教室スケジュールと空き状況〜2018年7月5日
d0023111_10255329.jpg
最新の日程(2018年7月5日時点)のご案内です。


当店では2012年より毎月3~4回ほど金継教室を開催しており、随時参加者を受付しております。
新漆ではなく、日本製本漆を使用した昔ながらの方法で金継します。
漆が乾いてから次の工程に移るので、最後まで少なくとも6回はかかります。
生徒さん達ほとんどが初心者、やったことがなくても基本を丁寧にお教えします。

持ち物は、割れたり欠けたりしてしまった器、エプロンなどの作業着、ハサミを持ってくるだけ。
ヘラ、筆、作業板などの道具はすべてこちらでご用意してあります。
使用する日本製漆、錫粉、真鍮粉もすべて料金に含まれます。(金粉のみ別途料金かかります)
下記日程のうち、ご都合のよい時に参加いただけて、気軽に始められる金継のお教室です。
(小さな欠けでも6回はかかります。2〜3ヶ同時進行することをお薦めします。)
ちなみに、次の作業が1ヶ月後、2ヶ月後など、作業の間があく分には問題ありません。
お気軽にお問い合せ下さい。


<今後のスケジュール>
 7月14日(土)10:00〜12:00 残席3
 7月17日(火)13:00〜15:00 残席5
 7月28日(土)10:00〜12:00 残席4 
 7月31日(火)13:00〜15:00 残席4
 8月 4日(土)10:00〜12:00
 8月 7日(火)13:00〜15:00
 8月25日(土)10:00〜12:00
 8月28日(火)13:00〜15:00


場  所:Style-Hug Gallery
担当講師:火曜/東海林紀子・ 土曜/梅津奈保子
受講時間:火曜/13〜15時 ・ 土曜/10:00〜12:00
参加費用:4,500円/回 お茶菓子付き (漆・真鍮粉・錫粉代含む。金粉の場合は別途費用かかります)
定  員:各回8名
持 ち 物 :金継したい器、エプロンまたは作業着、カッター、ハサミ、作業中の器を持ち帰る際の箱
キャンセル : 開催8日前よりキャンセル料発生します。

お申込み:RESELVA

お問合せ:ws.stylehug⭐︎gmail.com
     (⭐︎を@に変えて入力ください)


■Style-Hug Gallery
渋谷区千駄ヶ谷3-59-8
原宿第2コーポ208 【MAP】
T/F 03-3401-7527
info*style-hug.com
http://www.style-hug.com/
(展示会期間中のみオープン)

*FB : Style Hug Gallery
   https://www.facebook.com/stylehuggallery
*instagram : stylehuggallery
   https://instagram.com/stylehuggallery/


[PR]
by claudia8 | 2018-07-05 10:29 | 金継教室
金継ワークショップ10/6
d0023111_10321526.jpg
今日は金継ワークショップでした。
初めて参加の方、2回目の方、3回目の方がいらっしゃいました。
今日はそよそよといい風が吹き抜けてとっても気持ちのよい日。
穏やかな気候にほんわかムードの先生で今日も和やかなワークショップでした。


本日のお茶菓子は「よもぎあずきのケーク」
ご縁があって最近よく行く狛江にある茶々の店主に作っていただきました。
嬉しい事にみなさん「美味しい〜!」の連発。
また機会をみて作っていただきますね〜


参加者は随時募集しております。
お問い合せ等も同じメルアドで受付ておりますので、どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

日  時: 10月16日(火)満席・ 11月10日(土)満席・11月27日(火)あと1席・12月 1日(土)満席
      12月4日(火)  来年の日程は11月頃発表します。
場  所:Style-Hug Gallery
担当講師:加瀬紀子
受講時間:13〜15時
参加費用:4,000円/回 お茶菓子付き (漆・真鍮粉・錫粉代含む。金粉の場合は別途費用かかります)
定  員:各回6名
持 ち 物 :金継したい器、エプロンまたは作業着、カッター、ハサミ、作業中の器を持ち帰る際の箱


漆による金継は1つの作業をして乾かし、作業して乾かしての繰り返し作業のため数週間から数ヶ月かかります。 欠けの大きさや数などによって作業工程の増減はございますが、すべての作業を行うためにはおよそ6回かかります。ご自宅に持ち帰り作業ができる方でも3回以上のご参加をおすすめしています。 
下記日程よりご都合のよい日にご参加下さい。(お好きな時に参加できる形です)
作業に必要なヘラや筆などの道具は貸出用をご用意しております。
ご希望の方には別途お道具セットを販売致しますのでお問い合せ下さい。
[PR]
by claudia8 | 2012-10-06 10:31 | 金継教室
金継ワーックショップ開催中
d0023111_20343842.jpg
9月22日から始まった金継ワークショップ。
月2〜3回の開催日の何時でもご参加できる形です。
今日は2回目の方、初めて参加の方がいらっしゃいました。

2回目の方は砥の粉と漆を混ぜて欠けを埋める作業。
簡単なようで注意点がいくつもあり、その手間が仕上がりの綺麗さに繋がるのです。
砥の粉に水を含ませて練る。練ってはいけない、水が浸透するのを待つ。
d0023111_20345120.jpg



金継ワークショップ参加者随時募集しております。
比較的火曜日のお席が取りやすくなっていますので、これから参加をお考えの方はご検討下さい。

漆による金継は1つの作業をして乾かし、作業して乾かしての繰り返し作業のため数週間から数ヶ月かかります。 欠けの大きさや数などによって作業工程の増減はございますが、すべての作業を行うためにはおよそ6回かかります。ご自宅に持ち帰り作業ができる方でも3回以上のご参加をおすすめしています。 
下記日程よりご都合のよい日にご参加下さい。(お好きな時に参加できる形です)
作業に必要なヘラや筆などの道具は貸出用をご用意しております。
ご希望の方には別途お道具セットを販売致しますのでお問い合せ下さい。

日  時: 10月 6日(土)満席・10月16日(火)・ 11月10日(土)満席・11月13日(火)
       11月27日(火)・12月 1日(土)
     来年の日程は11月頃発表します。
場  所:Style-Hug Gallery
担当講師:加瀬紀子
受講時間:13〜15時
参加費用:4,000円/回 お茶菓子付き (漆・真鍮粉・錫粉代含む。金粉の場合は別途費用かかります)
定  員:各回6名
持 ち 物 :金継したい器、エプロンまたは作業着、カッター、ハサミ、作業中の器を持ち帰る際の箱


今日のお茶菓子は原宿瑞穂の大福。
その日の朝のつきたてを。
d0023111_2035113.jpg

[PR]
by claudia8 | 2012-09-25 21:27 | 金継教室
金継ワークショップ受講者募集
d0023111_9144197.jpg
欠けたり割れてしまった大切な器を、本漆を使って修復する金継ぎ(金属粉使用)。
割れたり欠けてしまったお気に入りの器が、世界でひとつしかない新たな表情となり、更に愛着を持てることでしょう。
おひとりおひとり丁寧に教え、細かい工程を順次進め完成を目指します。


漆による金継は1つの作業をして乾かし、作業して乾かしての繰り返し作業のため数週間から数ヶ月かかります。 欠けの大きさや数などによって作業工程の増減はございますが、すべての作業を行うためにはおよそ6回かかります。ご自宅に持ち帰り作業ができる方でも3回以上のご参加をおすすめしています。 
下記日程よりご都合のよい日にご参加下さい。(お好きな時に参加できる形です)
作業に必要なヘラや筆などの道具は貸出用をご用意しております。
ご希望の方には別途お道具セットを販売致します。


日  時: 9月22日(土)・ 9月25日(火)・10月 6日(土)・10月16日(火)
     11月10日(土)・11月13日(火)・11月27日(火)・12月 1日(土)
     来年の日程は11月頃発表します。
場  所:Style-Hug Gallery
担当講師:加瀬紀子
受講時間:13〜15時
参加費用:4,000円/回 お茶菓子付き (漆・真鍮粉・錫粉代含む。金粉の場合は別途費用かかります)
定  員:各回6名
持 ち 物 :金継したい器、エプロンまたは作業着、カッター、ハサミ、作業中の器を持ち帰る際の箱


お申込み:info@style-hug.comへメールを送っていただくか、
     FAX(03-3401-7527)にて受付致します。
     件名「金継ぎワークショップ参加希望」にて、以下をご記入の上お申し込みください。
     ・お名前
     ・ご住所
     ・お電話番号
     ・メールアドレス
     ・ご参加希望日
※参加した日に次回の予約を入れる形でもOK(お席が空いている日程)
[PR]
by claudia8 | 2012-09-11 22:05 | 金継教室 | Comments(0)
金継1dayワークショップ
d0023111_19323164.jpg
25日(土)はデモンストレーションによる金継1dayワークショップでした。
漆の性質や特性、金継工程の説明の後、実際の作業を見ていただきました。
熱心に耳を傾けメモをとっている姿が印象的、関心の高さが伺えます。
今回はデモンストレーションのためいつもより人数が多かったのと、皆じーーっと手元を見つめる視線で先生もちょっと緊張ぎみ?前回の金継コースでは、とっても丁寧に教えてくれて尚かつ天然キャラが人気だったのが、少々伝わりきれなかったかな?
実際の作業に入ると、ほんわかな雰囲気が和みになって金継にはちょうどよいのですよ^^
講座修了後には「時間がかかるのがわかりました」「金継の工程がわかってよかった」と声をいただきました。
9月からはじまる本講座の前に金継の工程や漆の特性をご理解いただける機会ができてよかったです。


お茶菓子は、砂糖とバター不使用のクッキーと有機レモングラスティーを。
クッキーの甘味は低GIオーガニックアガペシロップ、菜種油と全粒粉を使用。
レモングラスティーは、国産の有機レモングラスをミネラルウォーターで水出ししました。
d0023111_201556.jpg



本講座の募集記事は近々アップします。
[PR]
by claudia8 | 2012-08-26 20:01 | 金継教室
金継ワークショップ〜5回目
d0023111_1845935.jpg
2週間も遅れての記事エントリーです(汗)
5月から始まった金継ワークショップもいよいよ終盤に。
今回は真鍮粉、錫粉を蒔いていきます。
上画像:真鍮粉、黄金より黄金な輝き。


d0023111_18104965.jpg


d0023111_1811433.jpg
錫粉はこんな感じ。
器によって銀色がいいか、金色がいいか判断して作業します。
みなさん、この作業が一番好きという声多数。
これまで地道な作業が多かったですからね、解ります。


d0023111_18122673.jpg
錫粉で仕上げた飯椀の欠け。


さあ、次回は最終回。
生徒さんたちの器がどんな風に仕上がったか楽しみです。
[PR]
by claudia8 | 2012-07-15 18:04 | ワークショップ
金継ワークショップ〜4回目
d0023111_20223144.jpg

4回目は、地塗り、線描き。


出来上がりの色や質感の見本をみて
銀色は錫粉、金色は真鍮粉。それを磨くか磨かないかを決める。
どちらにしようか悩みますね〜
d0023111_20252462.jpg



生漆から黒目漆を作る。
広げて少し時間をおくと色が濃くなっていきます。
真鍮にする方は弁柄を混ぜて絵漆を作ります。
d0023111_20355491.jpg



細い筆で黒目漆または絵漆を塗っていきます。
d0023111_2044431.jpg

今回はここまで。


最後にタルトと紅茶でお茶タイムを。
d0023111_20481169.jpg

楕円のお皿は次回7月7日〜13日展示会の林拓児さんのお皿。
[PR]
by claudia8 | 2012-06-27 20:50 | ワークショップ