人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー 原宿より西参道へ移転しました!
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
有永浩太
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
内田悠
内山太朗
梅本勇
浦上陽介
稲葉知子
稲村真耶
大迫友紀
大江憲一
岡田直人
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤かずみ
小林克久
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
Kei Condo
こいずみみゆき
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小峰英利
近藤亮介
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
SALUE
清水善行
志村和晃
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
瀬川辰馬
添野順
高島大樹
竹口要
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
長野史子
蜂谷隆之
橋村野美知
服部竜也
濱端弘太
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
suzuki takayuki
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
三浦ナオコ
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮田光善
宮田竜司
宮岡麻衣子
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
Fashion
kalonji
中村秀利
谷井直人
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
蔵王温泉3
蔵王温泉3_d0023111_8303990.gif

蔵王温泉街から車で下ること10分、高見屋が持つ歴史と文化の美術館わらべの里がある。私たち4人は帰りがてらこちらへ立ち寄ることにした。
こちらは、行在所、庄屋の蔵、古しえの家、雅の蔵、弥平治亭の5棟の歴史的建物が点在している。その中に極めて価値の高い品々が展示されている。
館主の説明を聞きながら、一棟一棟興味深く見て回ったら(Pさんのお義父さんが物知りで館主と話しが弾んだこともあり)2時間かかった!
それほどに素晴らしい骨董品、美術品の数々だったのです。




蔵王温泉の歴史は西暦110年まで遡るとのこと。
こちらの美術館では当時の天皇からの賜りもの、江戸時代の各藩主が湯治に訪れた際に使われた道中道具や湯治具、食膳、などが展示されている。
特に漆の食膳、印籠、根付け、刀のツバの手仕事が素晴らしかった。
見えないところに手をかける、粋なお洒落だ。昔の人って趣味が良かったのね。

建物のひとつ明治天皇行在所は、今では値がつけられないほど貴重な木材を随所に使われ、欄間の精巧な細工などは気の遠くなるほどの時間をかけただろうとうかがえる。
この行在所は明治天皇が東北行幸の際に立ち寄る休憩所として10年の歳月と多大な財をかけて建てられた。
しかし、天皇が滞在したのはわずか30分足らずだったと。
その建築に人生をかけた若き久次郎さんは、天皇がいらっしゃる前に亡くなったそう。さぞ無念だっただろうに。
蔵王温泉3_d0023111_8505151.gif蔵王温泉3_d0023111_851246.gif
蔵王温泉3_d0023111_8512512.gif蔵王温泉3_d0023111_8513422.gif
何代目かの主人が高見屋がもつ山に99本の杉を植えた。
それは、なんでも満たされすぎはいけません。という教え。
当時でも貴重とされた最高級の材を使った床柱に刀で傷を付けた。
前述の教えの意味と、それを修復できるよう精進して仕事に励みなさいという意味だと説明してもらった。
その傷は修復せず、教えとして残されている。

館内は撮影NGなので写真なしですが、すごい数の所蔵品。
これだけ歴史的文化的貴重な建物や品々、ここまでのものだったら通常は複製品を展示したり、年に1度だけ公開するといった形をとるのだそう。
今までにも研究家や大学教授らにさんざん忠告されたとのこと。
しかし、これらを持つ高見屋の先代からの意向で、ぜひ本物をお客様に間近で見ていただきたいと太っ腹の展示内容。
日本も物騒になってきた昨今、これらの展示物が見られなくなる日が近い?

そうそう、今の蔵王スキー場は高見屋の裏庭だったそう。
地主兼旅館オーナーだったということ? ↑鋳物の金庫もすごいね。
by claudia8 | 2007-08-14 08:53 | 小旅行
<< 左藤玲朗ガラス展 蔵王温泉2 >>