人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー 原宿より西参道へ移転しました!
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
有永浩太
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
内田悠
内山太朗
梅本勇
浦上陽介
稲葉知子
稲村真耶
大迫友紀
大江憲一
岡田直人
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤かずみ
小林克久
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
Kei Condo
こいずみみゆき
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小峰英利
近藤亮介
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
SALUE
清水善行
志村和晃
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
瀬川辰馬
添野順
高島大樹
竹口要
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
長野史子
蜂谷隆之
橋村野美知
服部竜也
濱端弘太
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
suzuki takayuki
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
三浦ナオコ
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮田光善
宮田竜司
宮岡麻衣子
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
Fashion
kalonji
中村秀利
谷井直人
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アル・ケッチャーノ
アル・ケッチャーノ_d0023111_11531318.gif

羽田→鶴岡空港→鶴岡駅→タクシー20分、自宅から約4時間かけ、
鶴岡市にあるイタリアンレストラン、アル・ケッチャーノへ。
わざわざ行ったのは、ちょっと遅れたPさんの誕生日のお祝い。
山の幸、海の幸その土地の旬素材を使うレストラン。
情熱大陸で紹介されたり、各方面で絶賛され、いつか行きたいと思っていた。

店名は庄内弁の「あ〜、そういえばこんな食べ物あ〜るけっちゃの〜」
をもじった「アル・ケッチァーノ」

店内はイタリアの長閑な田舎にありそうなカジュアルな感じ。
黒板に書かれたメニューは、旬の素材のお料理が書かれている。
アル・ケッチャーノ_d0023111_1412734.gif





アラカルトも良さそうだったけれど、私たちは電話で事前に予約したシェフおすすめコース。次は何時来られるかわからないのでここの味を満喫できるであろうコースを選択した。さてさて、どんな料理が出てくるかワクワク。

まず一皿目、サワラのカルパッチョ。
お刺身?かと思うほど厚く切ったサワラを厳選したオリーブオイルと塩で。

アル・ケッチャーノ_d0023111_14205527.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_1421552.gif

アル・ケッチャーノ_d0023111_14235958.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_14241065.gif

アル・ケッチャーノ_d0023111_14242848.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_14243859.gif

アル・ケッチャーノ_d0023111_14245168.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_1425547.gif

アル・ケッチャーノ_d0023111_14251971.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_14253058.gif
岩牡蠣にモロヘイヤとトマトを合わせたり、鯛を使ったり、エビのリゾットにだだちゃまめを添えたり、庄内地方の食材をふんだんに使用しまさに庄内イタリアンといったお料理。
その土地でその時に取れた新鮮な食材を戴くのは、食事の原点ですね。
どれもこれも新鮮だからこそ美味しくいただけるといったものでした。

お料理もさることながらワインも安い! 
都内の半額〜3分の1程度じゃないかな?
普段食材に気をつけている私たちは、防腐剤バリバリの輸入ワインを飲むと頭が痛くなってしまうのだけれど、シェフが防腐剤がなるべく少ないワインを選んでいるだけあって、翌日頭が痛くならなかった。

アル・ケッチャーノ_d0023111_14254671.gifアル・ケッチャーノ_d0023111_14255872.gif

食後のデザート、スモモのコンポートがあっさり美味しかった♪
誕生日だということでサービスいただいたデザートも戴きました。

お客様には二度と同じ料理を出さないという主義のシェフ。
これまで一番多く食べたお客様は6000皿食べたとのこと!
(月に1度何年も通っている方)
次いつ来られるかわからないけれど、ジビエの季節がいいかな。
by claudia8 | 2007-08-12 12:19 | 外食
<< 蔵王温泉 左藤玲朗ガラス展 >>