人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー 原宿より西参道へ移転しました!
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
有永浩太
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
内田悠
内山太朗
梅本勇
浦上陽介
稲葉知子
稲村真耶
大迫友紀
大江憲一
岡田直人
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤かずみ
小林克久
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
Kei Condo
こいずみみゆき
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小峰英利
近藤亮介
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
SALUE
清水善行
志村和晃
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
瀬川辰馬
添野順
高島大樹
竹口要
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
長野史子
蜂谷隆之
橋村野美知
服部竜也
濱端弘太
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
suzuki takayuki
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
三浦ナオコ
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮田光善
宮田竜司
宮岡麻衣子
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
Fashion
kalonji
中村秀利
谷井直人
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東北へ
東北へ_d0023111_18302511.jpg

先々週末行った先は、山形&秋田。 初秋だというのに真夏のような気温、33度!
恋いこがれて恋いこがれてやっと会えた。 その人は素晴らしくいい人だった。



15日から昨日までプロバイダーとNTT間のミスで、ネット&メールが繋がらなく、
ブログアップとコメントのお返事が遅れておりますこと、申し訳ございません。
やっと本日から通常通り繋がるようになりましたので、少々時間かかりますが、少しずつお返事とお伺いをさせていただきます。





美しい手仕事、惚れ込んだ「あけびつる」で編んだ籠。 こんなに素晴らしい籠を作る人に是非とも会いたい! かれこれ1年ほど探していたその人にやっと連絡が取れたのは、
8月末。是非購入したいとお話したところ、長年お付き合いのある発注者からの注文も追いつかないので、新規の方の依頼はすべてお断りしているとのこと。
残念だが、ずっと惚れ込んだ籠のことを長くお話させていただいたところ、来てもいいということに! 先々週末ワクワクしながら(駅弁たべながら 笑)会いに行きました。
東北へ_d0023111_18441355.jpg


作り手のGさんは、アケビつるの材料取りから作製まで全ての行程を一人する。
あけびつるを採集する山は、熊も出るし立って歩けないほどの藪の中。
採ったつるを写真のように8の字に束ねる。それを10束にして背中に背負って山を下りる。 採ってきたつるを2〜3日間日干し、2ヶ月間日陰干し。 その後、約500本づつ束にして水に漬け込み、編み始める。
籠作りの行程を詳しくお伺いするにつれ、大変な重労働から生まれた籠がもっと貴重なものに思えてきた。 
あけびつるを採集している時に、どんな籠になるのか?と話しかけながら採っているとのこと。つるの太さに応じて籠の大きさ、箇所に編み込んでいく。自然の恵みに感謝の気持ちを込めてひとつひとつ編んでいる、その手仕事に感激してしまった。

東北へ_d0023111_1857830.jpg右は奥様が35年間使っている籠。
毎日のように使っていても丈夫。
いい飴色になって今でも現役だ。
夏はガーゼやオーガンジーの布、
冬はウールを目隠しにすると
オシャレ^^
私が持っている籠もこの色になる
まではまだまだ時間がかかりそう。
色が変わっていく楽しみが増えた。


今では5年待ちと言われる
貴重な貴重なGさんの籠。
少しだけ譲っていただくことに
なりました。(奇跡だ!)
HPのショッピングリニューアル
に出品する予定です。
by claudia8 | 2006-09-20 19:08 | 小旅行
<< 東北へ2 駅弁 >>