月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
utopiano
内田悠
稲村真耶
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
濱端弘太
浦上陽介
Kei Condo
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中村明久陶展〜はじまります
d0023111_843519.jpg
中村明久陶展
2012年3月31日 Sat - 4月7日 Sat
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 3月31日Sat・4月1日sun
☆カードのお取り扱いはございません(振込対応可)


関東初となる軟陶の阿蘭陀、ガレナ陶の個展となります。

【軟陶とは】
比較的低火度で焼成した陶器
日本では楽焼、中国では唐三彩、ヨーロッパではデルフトなど。

18世紀初頭ヨーロッパで最初にカオリンを発掘し磁器を作ったのはドイツのマイセンでした。それ以前は磁器は作られておらず、いわゆる軟陶の器。現代でも人気の高いデルフトはこの時代の軟陶。
デルフトの写し作品を作られている作家さんもいらっしゃいますが、多くは低火度で焼成された軟陶ではありません。中村さんの阿蘭陀は約1100度で焼成される軟陶になります。


最初は抹茶碗。
軟陶の存在を知り、抹茶碗を軟陶で作ってみたところ、「味はまろやかになる」「手触りが柔らかい」「香りの立ち方がよい」など、軟陶ならではの良さを実感したそう。 日本では楽焼が軟陶に属するが、本来「器を手で持ち、器を愛で、香りを楽しみ、食を味わう」五感で食する日本人に適した器であっただろう。
食洗器にかけられる、オーブンに入れられる、使い勝手の面ばかり先行し、焼物を愛する感性に欠けてしまっている現代、五感で食することに目を向けてほしい。
陶磁器は割れるもの。
だからこそ扱いに気をつけ器はそっと置く。ひとつひとつの所作が美しくなると思うのです。
デルフト時代のアンティークは欠けていても、貫入だらけでも美しく柔らかい。
それこそ割れない器にはない魅力なのではないでしょうか。

中村さんの阿蘭陀に出会ったのは2年前。
清水さんのお宅で使われていたカップでした。
一瞬で心奪われたその器、ぜひ個展をと説得すること数ヶ月。
2012年桜の季節に。と快諾いただき実現します。
私自身もかなり楽しみな個展です。


<略歴>
1948年 京都生まれ
1971年 東京造形大学卒業
1971年 笠間にて焼物と出会う
1972年 遠州七窯朝日焼、十四代松林豊斉氏に師事
1978年 笠間にて築窯
1980年 京都にて築窯
1985年 この頃より李朝陶磁に魅せられ研究制作する
1987年 東京韓国文化祭において日韓交流展出品
1992年 京都にて有栖窯築窯
1995年 李朝粉引を軸にした個展活動を京都中心に始める
     以来、個展多数
     堅手の制作を始める
     瑠璃地の制作を始める
2002年 阿蘭陀の制作を始める
[PR]
by claudia8 | 2012-03-21 08:46 | 中村明久
<< 富井貴志作品ネットショップへア... 富井貴志木工展〜終了しました >>