人気ブログランキング | 話題のタグを見る

月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー 原宿より西参道へ移転しました!
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
有永浩太
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
内田悠
内山太朗
梅本勇
浦上陽介
稲葉知子
稲村真耶
大迫友紀
大江憲一
岡田直人
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤かずみ
小林克久
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
Kei Condo
こいずみみゆき
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小峰英利
近藤亮介
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
SALUE
清水善行
志村和晃
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
瀬川辰馬
添野順
高島大樹
竹口要
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
長野史子
蜂谷隆之
橋村野美知
服部竜也
濱端弘太
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
suzuki takayuki
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
三浦ナオコ
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮田光善
宮田竜司
宮岡麻衣子
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
Fashion
kalonji
中村秀利
谷井直人
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
antos〜Fantasia展
antos〜Fantasia展_d0023111_1556767.jpg

Style-Hug Galleryは器中心のギャラリーですが、
2010年2月の個展はオブジェの展示会です。
antosは、小林寛樹(kanjyu)・水田典寿からなる男性二人のユニット。

様々な素材(金属・木・流木・皮革・布・ガラス等)を使い、
家具やオブジェ等を制作。表現方法やジャンルにこだわらず2人がその時作りたいものを作るスタイル。
錆びた鉄、使い込まれた木、やれた皮革など古い素材を多く用い、日々の生活や旅先でそんな破片を集めてきては素材とする。

antosとは、ギリシャ語で「花」を意味する語を元とする。
数万年もの前のヒトの墓から死者とともに花粉が出土するという。
ヒトは太古の昔から今も変わらずに花に想いを寄せ続けている。
ずっとヒトの心に寄り添い続けていくもの
そんなものが作れたらいい。

antos HPより



2007年友人宅のキャビネットを製作したのが彼らantos.
そこで彼らの存在を知り、いつか個展をやってほしい、我が家のキャビネットも作ってほしいと思っていたのでした。
時は流れ、今の場所にギャラリーを開催して2年後、個展の話しをさせていただき1年後の開催を約束したのであります。
その前に、我が家のキャビネットを制作してもらえることになり(特注制作はほとんど受注しないところ無理言って・・・)昨年「収納抜群&デザイン抜群」のキャビネットが実現。
antosの味付けが大満足のキャビネット。

今回の展示会では、壁掛けの様々なもの(棚・箱・鏡など)、アクセサリー掛け(上写真)、ディスプレイ棚、小抽出などをお願いしました。
DM写真用に先に作った写真のアクセサリー掛けは、「小さなトルソのようなものを」とお願いしたものが、antosの味付けでこんな素敵な流木のものが出来てきました。流木が女性の首から胸の美しいラインに。でもきれいに削りすぎず、流木の荒い部分も残しつつ絶妙なバランス。アンティークの脚部分の佇まいも堪りません。

すべて1点品につき、ご購入いただいたものは展示会終了後のお渡しとさせていただきます。
お手数お掛けいたしますがご理解の程お願い致します。


■antos~Fantasia展
   2010年2月20日(土)〜27日(土)
   11:00 〜 18:00 (最終日17:00)
  作家在廊日 20日(土)・27日(土)
  Style-Hug Galleryにて
   ※カードのお取り扱いはございません

   お問い合わせは、 info@style-hug.comまで。


上写真: 流木トルソ ¥33,000(税込)
by claudia8 | 2010-01-30 09:30 | antos
<< ブリックスクエア 陶芸教室12 >>