月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
アンティークビーズアクセ
Awabi ware
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
市川岳人
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
utopiano
内田悠
稲村真耶
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
studio fujino
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
早川ヤスシ
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:棚田 ( 1 ) タグの人気記事
2月8日開催「鴨川の棚田で作ったお米を食する会」〜ご予約受付
d0023111_150099.jpg
d0023111_150720.jpg

2月4日(土)〜9日(木)SHG特別常設展開催中の2月8日(水)に
鴨川の棚田で作ったお米を食する会を開催いたします。

千葉県鴨川市、四季の風景が美しい里山。
そこにある棚田で作られたお米、プリンセスサリー(※1)
2010年に東京からこの里山に移り住み、昨年は6反,14枚の棚田を借りて
安全で安心なお米作りをされている草so,畑中さん。
金、土、日はうつわや+カフェを営業されています。

畑中さんと初めてお逢いしたのは3年前の秋頃でしょうか。
それから東京にいらっしゃる度に立ち寄ってくださって、いろいろお話しする中で棚田の現状をお聞きして、Style-Hugで協力できることをさせてくださいね。とイベントの提案をさせていただいて。
それから紆余曲折? なんとご本人達が6反もの棚田を借り新規就農者となったと!
そしてたくさんの計り知れないご苦労があって出来上がったお米。
畑中さんたちの想い(※2)がこもった安心で美味しいお米で、
お話しがあってから2年越しにイベントが実現となりました。
当日は、畑中さんから写真を見ながら棚田での米作りのお話をしていただきます。
鴨川の風景のこと、お米つくりのこと、移住のこと、お話しを聞きながらお食事をお楽しみください。


日時 : 2月8日(水) 12:00〜14:00  件名「プリンセスサリー食す会」にて
おしながき:プリンセスサリーのカオマンガイ、豆乳ババロア自家製の温州みかんジャム掛け、お茶 
      プリンセスサリー6合分(900g)お土産付き
金額 : ¥2,800
ご予約 : info@style-hug.com お名前、ご住所、携帯番号、ご参加人数をメールにてご連絡ください。


※1 南アジアで最高級米と言われているバスマティ米を、日本で栽培できるように改良した品種です。ご飯にポップコーンのような香りがあり、柔らかく、粘りが強くないため、カレーやピラフ等の調理飯に適します。

※2 私たちがここでお米作りをするのは、
もちろん安全で美味しいお米を「自分たちで作る」という安心のため。
そしてこの風景を守るため。
この日、代掻きが終わった田んぼの水面に美しい夕焼けが映るのを眺めながら
ここで米作りをしているこの意味をあらためて思いました。
棚田の景色は、本当に美しい。
これは人間が長い年月をかけて創りだしたもの。
先人たちが、毎年お米を作りながら守ってきたもの。
今では、就農者の高齢化が進み、放棄された田んぼが増えています。
ここ鴨川も例外ではなく、後継者がいない農家さんも多い。
これから先、いつまでもこの風景が続くように、お米を作り続けたいと思うのです。
(田んぼの記録2016より)


そしてもう1つ告知。
2月4日(土)〜9日(木)SHG特別常設展開催中の初日2/4(土)
草soさんのパンや焼き菓子などの販売を行います!
この畑中さんの手捏ねパンは私の大好物!!!
楽しみでなりません〜
こちらはご予約ではなく、当日いらして下さった方へ直接販売いたします。


■Style-Hug Gallery
渋谷区千駄ヶ谷3-59-8
原宿第2コーポ208 【MAP
T/F 03-3401-7527
info*style-hug.com
http://www.style-hug.com/
(展示会期間中のみオープン)

*FB : Style Hug Gallery
   https://www.facebook.com/stylehuggallery
*instagram : stylehuggallery
   https://instagram.com/stylehuggallery/
[PR]
by claudia8 | 2017-01-23 15:38 | お食事会