月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
早川ヤスシ
稲村真耶
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ほんわか和みのいただきもの
d0023111_18491777.jpg
ランチしましょう〜と言ってから半年ほど経ったでしょうか
なかなか予定が合わず、その前にワーックショップが実現して落ち着いた頃にやっと実現。
machikoちゃんとのランチは、彼女が予約してくれたPiatte CASTELLINA
人気店らしくオープンを待つ人で列ができていました。
予約してくれていたお陰ですんなり入店。
新鮮お野菜がとっても美味しいシェフのお任せランチをいただきました。


d0023111_18493182.jpg

デジカメ持っていかず、iPhone画像のため、写真イマイチ。
美味しい画像はmachikoちゃんのブログで〜

あれこれ楽しいおしゃべりをたっぷり3時間。
若い時に見ていた本が一緒だったり、その都度盛り上がって話は脱線(笑)
脱線しすぎて「あれ?何の話だっけ」と。
お互い時間は限られていてリミット時間はあっという間。
まだまだ話は尽きず、それはまた次の機会に♪



d0023111_18494113.jpg
前日が誕生日だと知っていたかのように素敵なものをいただいて。
新潟の伝統的な織りで作られた布バック。
バックinバックに丁度いいし、色あいも好み♪


こちらも新潟の銘菓黒羊羹
黒砂糖のコクのある味が美味しくて、1切れまた1切れとあとをひく美味しさ。
日本茶との相性よく、甘いものが欲しくなる仕事の合間のお茶時間にいただきました。
d0023111_18494968.jpg
ご馳走さま。


楽しいことが共有できる友人は人生の宝だと思っているのですが、
また一人そんな友人ができて嬉しいこと。
お互いあれこれ忙しく時間は限られているけれど、また時間を作って行きましょうね〜
[PR]
by claudia8 | 2012-02-28 23:52 | いただきもの
アロマブレンドオイル新作でました
d0023111_14311951.jpg
アロマブレンドオイル新作がオンラインショップに加わりました。
全4種になり、用途に応じて使い分け下さい。
それぞれの香りもお楽しみいただけます。

ギャラリー店頭にテスターがございます。
展示会中いつでもお試しできますので、ぜひ会期中ご来店下さいませ。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-25 14:36 | その他
バターケース、バゲット皿入荷しました。
d0023111_8533430.jpg
暫く品切れしておりました「バターケース」「バゲット皿」「匙kikuchichi」が入荷しました。
今回も数が少ないためお早めにお求め下さい。



d0023111_85342100.jpg
     バターケース小
[PR]
by claudia8 | 2012-02-24 08:56 | 富井貴志
ウッドスプーン入荷しました
d0023111_2111599.jpg
暫く品切れだったウッドスプーン(3本立/4本立)が入荷しました。
コーヒースプーンとして、薬味スプーンとして、ジャムバタースプーンとして、食卓で活躍してくれます。
ニョロっとした柄はオニグルミの繊維のままに削った形。
1つ1つ長さ、形が違います。


d0023111_2112297.jpg
CUBEE(キュービー)
ウッドスプーンと同じ作家さんが作った一輪挿し。
ショートとロングがあります。
試験管が装着でき、そこに野の草花を一輪挿すのもよし、オブジェとして飾るもよし、アクセサリーのディスプレイ台としても。
1つにつき試験管2本付き。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-23 21:07 | その他
1dayフォトレッスン〜Feb.2012
d0023111_1022739.jpg
今年もフォトグラファー枦木 功による初心者向け一眼レフPhotoLessonを開催しました。
昨年は震災によりスケジュールが変わってしまい開催できず、1年待ってご参加いただいた方もあり、お待たせしてしまいました。一昨年同様、最初は皆ドキドキ緊張ムードが漂っていましたが、そんな時間はほんの少し。始まってしまえばテンポよい先生の話術(?)に引き込まれ、次第に場は笑いに包まれ和やかムードに。

d0023111_1026518.jpg
前半は講義に真剣に耳を傾け、次第にわかってくると「ウン、ウン」と頷く姿が。
後半はギャラリー内にある器やディスプレイ品など実際に撮ってみると、どんどん質問が出てきます。
ひとりひとり説明しながら、先生のプロ仕様レンズを借りて撮りながら、理解していく時の目のキラキラ!大人になっても学ぶ事の楽しさを実感できた時間だったのではないでしょうか。
これから始める方、これまで自己流だった方には最適な内容と思います。
レッスン後もどんどん撮って見て下さいね。

d0023111_1037204.jpg
ランチにお出ししたサンドウィッチ3種(北欧風サーモン&サワークリーム/マッシュルームのスクランブルエッグ ガーリックソース/アボカドとカリカリベーコン)


今回参加できなかった方からお問い合せいただいております。
次回は、4月か5月に開催予定です。
日程決まり次第、またこちらで告知いたします。
よろしくお願いします。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-20 10:19 | フォトレッスン
春の花ブーケ作りワークショップ
d0023111_103042.jpg

生活に季節の花を取り入れ、優しく寄り添うような文章が魅力のブログ「四季暮らし 花あそび」のmachikoさんを講師に迎えて春の花ブーケ作りワークショップを開催しました。
当日まで電話&メールで打合せを重ね、初めての試みに二人ともドキドキしながら当日を迎えました。
最初は少し緊張ぎみな空気も、machikoさんの透き通るようなお人柄と参加下さった皆さんの朗らかなお人柄ですぐに和気あいあい素敵な空間に。
それは春を感じる鮮やかな色のお花の力もあったかもしれませんね。

花器として、この日のために陶芸作家 和田麻美子さんにピッチャーを作っていただきました。
花器だけでなく、食卓でも役に立つような形を。
温めたミルク、コーヒー&紅茶サーバーとしてもOK
割下を入れても〜なんて声も(笑)
d0023111_102302.jpg
ほんの少しずつ大きさが違う、白、ピンクベージュがかった白、ブルーグレーがかった白、3色からお好きなものを選んでいただき、それに合わせてお花をカットしていきます。


スパイラルブーケは文字通り枝をスパイラルに形どっていきます。
簡単なようでなかなか上手くはいかない形つくり。
machikoさんの説明とひとりひとりへのアドバイスで皆さん素敵なブーケを作られましたよ。
今回は春が待ち遠しい季節に、machikoさんが選んだ春を想わせる鮮やかな色の花で。
ギャラリー内は一足早い春の彩りに包まれて幸せ〜な空間に。
d0023111_10388.jpg
最後はお茶とお菓子でお疲れさま。
machikoさんとご参加者皆様のお陰で楽しく優しい雰囲気のワークショップとなりました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
ご家庭でもぜひスパイラルブーケを作ってみて下さいね。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-16 10:33 | 花のしつらい教室
アロマクリームワークショップ
d0023111_9171942.jpg
2月12日(日)アロマクリーム作りワークショップ。
上写真は、それぞれ作ったアロマクリームをシャーレーに入れてお持ち帰りのパッケージ


緊張緩和、保湿、風邪予防、若返りなどなど色んな効能のあるアロマクリーム5種類。
先生の奥深いアロマの説明に皆さん真剣に耳を傾け、なるほど〜と頷く場面もあり。
香りでチョイスしてもよし、効能で選んでもよし。
それぞれお気に入りを決めたら、さあ作ってみましょう。
4〜5種類のアロマを調合して、オイルと蜜蝋を湯煎したものと合わせていきます。
使ったアロマオイルは全てオーガニック、有機栽培、野生から抽出したもの。
ギャラリー中にアロマの香りが広がり、それだけでもリラックス効果。
d0023111_9174376.jpg

楽しく為になったアロマワークショップ、ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
今回のレシピを元にご自宅でまた作ってみて下さいね。


講師をしていただいたつたえさんのアロマブレンドオイルはギャラリーで販売しています。
今日から1種類増えて4種類になりました。
展示会会期中にご購入いただけます(店頭にテスターあり)
ネットでも購入いただけます→
[PR]
by claudia8 | 2012-02-13 09:34 | ワークショップ
味噌作りワークショップ〜ランチ&お土産
今回お世話になった味噌作り名人は大農家を切り盛りする女将さん。
そこで作った蕎麦の実を蕎麦粉にする。お昼にはその蕎麦粉をつかってお父さんと若者達が蕎麦を打ってくれました。辛み大根の大根おろしにつけて食べる冷たい蕎麦、すぐそこの畑から採ってきたネギと鴨肉で鴨汁の温かい蕎麦の2種類。
畑で作った蒟蒻芋を使って作った自家製こんにゃくの味噌田楽。
おやつには親戚が作ったという干し芋。
美味しい美味しい!
みんなおかわり〜と大評判!
d0023111_20453767.jpg
あまりの美味しさに食べるのに必死でほぼ画像なし^^;



そして農家の方のご好意で、畑から好きなだけ採ってけ〜と、
ネギ、大根、辛み大根、白菜をたくさんお持ち帰り。
それから打ち立ての蕎麦も500g、低農薬で作った自家製お米2Kg。
1年前につくった味噌1Kg。
持ちきれないほどのお土産をいただいて感謝感激。
d0023111_20492813.jpg



今年もとても楽しい味噌作りとなりました。
自称「関東の吉本」というKさんの楽しい存在も◎(笑)
今日はうっすら腰が痛いけれど、1年後の出来上がりが楽しみ♪
ご参加くださった皆さんありがとうございました。
10〜12ヶ月後に発送しますので、楽しみにお待ち下さいね。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-06 20:53 | ワークショップ
味噌作りワークショップ
d0023111_20212859.jpg
2月5日(日)参加者の皆様を迎え味噌作りワークショップ。
上写真は、煮大豆と米麹を合わせたもの



米麹と大豆を合わせて摺潰し樽に詰める作業です。

d0023111_20245380.jpg
1.2日前に作った米麹が薄い綿をまとったように出来ていました。



d0023111_20265973.jpg
2.米麹をパレットから出してほぐす



d0023111_20274939.jpg
3、ほぐした米麹と塩をよく混ぜる



d0023111_20282413.jpg
4.茹でた大豆をざるにあげる



d0023111_20291764.jpg
5.大豆を広げて冷す



d0023111_20301583.jpg
6.大豆と米麹を混ぜる



d0023111_2031798.jpg




d0023111_20314127.jpg
7.大豆と米麹を混ぜたものを摺り潰し樽に詰める



d0023111_20324479.jpg

8.最後はすべての道具を洗ってお片づけ




これから10〜12ヶ月熟成させます。
美味しいお味噌になりますように。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-06 20:34 | ワークショップ
味噌作りワークショップ〜下準備
2月5日(日)味噌作りワークショップに向けて、4日前から準備が始まります。
添加物やだしの元が入っていない昔ながらのお味噌はほんとうに美味しい。この美味しさを一度味わってしまったら市販の味噌は買えない。毎年の味噌作りはかかせない行事となることは納得です。

■1日目 米を研いで水に浸しておく。
今回お世話になる味噌作り達人は、毎年300kg近い味噌を作るので、米は約100kg。
その米を研ぐのも重労働。水が氷のように冷たいこの時期に心が折れそうですが、美味しい味噌のため!と頑張れるのですよね。


■2日目 米麹作り

d0023111_15393090.jpg
 1、前日に洗っておいた米を蒸篭で蒸す


d0023111_1540879.jpg
2,蒸篭で蒸し上がった米を広げて冷す


d0023111_15404244.jpg
3、人肌ほどに冷めたら麹菌を振りかける


d0023111_15412272.jpg
4、掌で力を入れて押しすり混ぜる(3回)
これが一番時間がかかります。
4人で3時間以上かかった。
10kgを3回ずつ×5



d0023111_1542358.jpg
5、パットに隙間なく薄くひろげ、お湯でぬらして軽く絞った晒をかけて、下部にお湯を張った湿度管理の室に入れる


d0023111_15434070.jpg
大豆を洗う 


d0023111_15443724.jpg
洗った大豆を水に浸す



■3日目  大豆を煮る。 麹を入れた室の温度管理。もう一度混ぜる。


■4日目  皆さんを迎えワークショップ
   (こちらの様子は後日記事にします)


手間と時間を掛けて作るお味噌。1年に1回、次の年の分を作る冬の行事。
美味しさと安心安全を自分と家族の為にとおかあさんは頑張るのですね。
自分で作った味噌の美味しさは格別ですから〜
米麹と煮大豆を用意して、日曜日のワークショップを迎えます。
今年も美味しい味噌を作りましょう!
ワークショップにご参加の皆さん、日曜日にお待ちしています。
[PR]
by claudia8 | 2012-02-04 15:50 | ワークショップ