月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:中野知昭( 4 )
一汁三菜展作品オンラインショップ販売開始
d0023111_22393310.jpg
d0023111_22394385.jpg
d0023111_22394977.jpg


大江憲一、沖澤康平、寺村光輔、中野知昭、水垣千悦、宮岡麻衣子
展示会にて人気の高かった作品を厳選してオンラインショップにて販売いたします。
多種類の入荷です。
どうぞご覧下さい。

オンラインショップはこちら
[PR]
by claudia8 | 2012-09-26 22:41 | 中野知昭
一汁三菜展~6日目
d0023111_1631377.jpg
一汁三菜展
2012年9月8日 Sat - 9月15日 Sat
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 9月8日・9・10・11・14・15日
☆カードのお取扱いはございません(振込可)


中野知昭さんの漆器

この美しい三ツ組は、いつか持っていたいもの。
重ねて収納ができ、これさえあれば飯椀、汁椀、主菜椀で一人分の食卓になる。
上画像:高台のある「三ツ組椀」¥21,000  下画像:高台のない「三ツ組鉢」¥18,900
d0023111_16332355.jpg




d0023111_1639912.jpg

上:丸美椀(朱/黒)



















下:羽反汁椀(朱/溜)




とても軽くて日常使いに重宝しそうな漆器です。
14.15日は中野知昭さんが在廊されます。
作家さんに直接お話を聞いける貴重な機会。
ぜひお立寄り下さいませ。
[PR]
by claudia8 | 2012-09-13 16:43 | 中野知昭
一汁三菜展〜薬膳お食事会
d0023111_159065.jpg
今回の企画展にあわせて、作家の器を使ったお食事会を開催しました。
初日の夜は赤ワインとお料理2品が多いメニューでしたが、バタバタだった為お写真を1枚も撮れず。。。
昼の回は料理の数が減ってスタッフの人数も増えたので、数枚の写真が撮れてホッ。
(しかし、満足な画像がなく、撮り忘れ画像もあり。。。)


料理が盛られていない時と盛られた時では印象が変わること、シンプルな器でも料理のを際立たせる魅力があること、漆の汁碗の口当たりのよさ、土ものの器と磁器の器の合わせ、飲み物を注いだ時の手作りならではのグラスの揺らぎの魅力、などなど実感していただく機会となりました。

知らない人同士であっても、器と料理の話題ですぐに和気藹々な食卓に。
食事が映える器と美味しい料理は、人を幸せにしてくれますね。


今回のお料理は、晩夏から初秋にふさわしい薬膳。「清熱」「滋陰」「益気」
清熱(体にこもった余分な熱を冷す):夏の果物、夏野菜、はと麦、緑豆など。
滋陰(体に必要な潤いを養う):梨、松の実、杏仁、蓮根、豚肉、山芋など。
旬の恵みのメニューを召し上がっていただきました。
d0023111_159791.jpg



最後のデザートタイムには、薬膳ミニ講座で荒井先生からメニューの効能の説明があり、
これまで何気なく食べていた食材を見直したり、作り方を聞いたりして楽しく勉強になった時間でした。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
ご協力いただきました新井先生はじめORCスタップの方々、お世話になりました。
[PR]
by claudia8 | 2012-09-11 19:07 | 中野知昭
一汁三菜展参加作家のご紹介〜中野知昭
d0023111_8484068.jpg
一汁三菜展

中野知昭(なかの ともあき)
昭和50年 福井県鯖江市河和田町に生まれる。
平成 7年 国立福井工業高等専門学校土木工学科卒業
     県内建設コンサルタント会社入社
平成 8年 父の病を機に家業を継ぎ、父(畠中昭一)に師事
平成12年 福井県金津制作の森 酒の器展において大賞受賞
平成15年 石川県金沢 椀One大賞において優秀賞受賞
平成16年 日本民藝館展入選
平成17年 日本民藝館展入選
平成19年 越前漆器展覧会・福井県知事賞受賞
平成22年 博多 鈴懸において初個展



「私のつくる器は普段使いの器です。ごく普通の食器としてお使い下さい」
とご本人がおっしゃるとおり、日本に古来からある漆器は日本の気候に適した器であり、日常使いの器であることは日々使っていくと実感できます。
何世代にも渡って使っていくことのできる漆器は、使い手の人生を一緒に歩む器でもありますね。
味噌汁は日本人のソウルフードのひとつと言えるでしょう。
そんな私達の食生活に寄り添う漆器をひとつは持っていたいものです。
d0023111_8484823.jpg

[PR]
by claudia8 | 2012-09-04 07:08 | 中野知昭