月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
稲村真耶
境知子
アンティークビーズアクセ
早川ヤスシ
Awabi ware
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:清水善行( 12 )
清水善行陶展〜終了しました
d0023111_16413542.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)

本日17時にて清水善行陶展終了いたしました。
今展は、ゆっくりじっくりご覧いただける展示だったと思います。
実際に使ってみてよさがじわじわとわかる器。
ご家庭でどんなお料理が盛られるのか楽しい想像をしています。
それぞれの食卓で活躍できますように。



次回個展は、
2011年11月19日(土)〜25日(金)
福永芳治陶展を開催致します。
[PR]
by claudia8 | 2011-10-22 18:35 | 清水善行
清水善行陶展〜7日目
d0023111_14353278.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)

上写真:佇まいが美しい黒釉碗



写真上左から時計回り:染付カップ ¥4,200   須恵鉢¥10,500
白磁碗 ¥8,400  韓国手灰器 ¥6,300
d0023111_14353961.jpg

[PR]
by claudia8 | 2011-10-21 14:36 | 清水善行
清水善行陶展〜4日目
d0023111_1250912.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)


作家在廊の2日間のみガトーショコラのご試食をするとお知らせしておりましたが、引き続きご試食していただけるようになりました。(ご試食分がなくなり次第終了)
とっても美味しいガトーショコラですので、是非ご賞味下さいませ。
ご試食で気に入りご注文いただけましたら、器の売上の一部とガトーショコラの売上の一部が清水さんと露荒ブッシュシェフの共通のお知り合いである三陸牡蠣養殖の方への寄付となります。(お二人の発案)
日本の誇る美味しいものを途絶えさせたくないという思いは、美味しいもの好きの共通の願い。
私はその思いをお伝えできることしかできませんが、美味しい!は皆を幸せにする一番のエッセンスですね。
[PR]
by claudia8 | 2011-10-18 13:00 | 清水善行
清水善行陶展〜3日目
d0023111_18133999.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 10月15日(土)・16日(日)


上写真:新作の鉄絵平碗と染付鉢
平碗は絶妙なフォルムでいろんな料理に使えそう。
染付鉢はフォーの器をイメージして作ったそう。確かにフォーがぴったり! 
ぶっかけうどんでも煮物碗としても使る1粒で3度おいしいグ○コみたいな器。

d0023111_18175496.jpg
右下写真:白磁瓶
ボディーに釉薬がない縦部分あり、昔ここに墨で名前を書いておいた瓶だそうだけれど、デザインとしてみるとおしゃれ。ワインを入れてサーブしたらすっごくオサレ。
[PR]
by claudia8 | 2011-10-17 18:21 | 清水善行
清水善行陶展〜2日目
d0023111_10573465.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 10月15日(土)・16日(日)


三島陶板・白磁・鉄絵・黒釉・須恵・染付・灰釉に加え、韓国で作陶した韓国手の器が並んでいます。
晴れてきた今日、お散歩がてらご高覧下さいませ。
d0023111_10574236.jpg

[PR]
by claudia8 | 2011-10-16 11:01 | 清水善行
清水善行陶展明後日からです
d0023111_1818558.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 10月15日(土)・16日(日)


φ20cmの浅鉢。
我が家だったら、魚の煮付け鉢にしたい器です。
MWちゃんに教わった蒸し鶏サラダにもよさそう。

明日早朝から京都を出発して車で搬入して下さいます。
窯出しほやほやの器たち、清水さんと一緒に無事に着きますように。
[PR]
by claudia8 | 2011-10-13 18:25 | 清水善行
清水善行陶展〜ロアラブッシュガトーショコラ
d0023111_18503358.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 10月15日(土)・16日(日)


清水さんの在廊日15日(土)・16日(日)の2日間、ロアラブッシュのガトーショコラの試食を致します。このガトーショコラは清水さんのお気に入りで、清水さんのお知り合いであるロアラブッシュのオーナーシェフ中嶋氏がプロデュースした極上スイーツです。試食で気に入っていただけましたらご注文下さいとのこと。
小麦粉を使わず、フランス・ヴァローナのチョコレートを贅沢に使用した濃厚なガトー
私も先日お味見させていただいたのですが、こんなに美味しいガトーショコラは初めて! 
ぜひご賞味下さいませ。
d0023111_1850408.jpg

[PR]
by claudia8 | 2011-10-11 19:01 | 清水善行
清水善行陶展はじまります
d0023111_154982.jpg
清水善行陶展
2011年10月15日(土) - 10月22日(土)
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 10月15日(土)・16日(日)

2回目となる清水善行さんの個展。
京都童仙房の自然の中で作陶し、お料理の腕前も上級者の清水さんが作る器は食材が生きる器たちです。しっかりとした器は少々のことでは割れません。ど〜んとした器の雰囲気と清水さんの雰囲気がとことなく共通する。頼れる器です。

心に、生活に物は入り込み、喜びや安堵をもたらす。
時にそこに有る事さえ忘れているが、又、そばに有る事に気づけば
感情を沸き立たせる。 しかし、以前のそれとは違って、新しい気持
ちで物を迎えている。 何気ない日常に物が有り、ふと嬉しく思えたら。
最近こんな事を考えています。

[PR]
by claudia8 | 2011-10-09 15:59 | 清水善行
作家清水善行宅訪問
d0023111_12583670.jpg
母屋前にどーんとある清水さん作の大壷。
ここへ到着する前に寄ったMIHO MUSIUM「古陶の譜」で見た大壷の隣に並んでいてもおかしくないとしみじみ思う。
きっちりライティングされたガラスの向こうに鎮座する美術品もよいけれど、自然の中に佇む壷もよし。


d0023111_12584479.jpg
清水家母屋玄関。
骨董好きの清水ご夫婦、家の中そこかしこにセンスよい古物が。

到着したその夜は、猪鍋をご馳走になる。
猪肉は地元猟師によって獲られたもの。跡取りとして見込まれている清水さんが猟の手伝いをしているために新鮮な猪肉が食べられるのだから有り難い。
初猪肉、体がポカポカになった。
朝食は、地元の豆腐屋さんの厚揚げ、のばらさん(奥様)が毎年作る味噌で作った味噌汁や同じくのばらさん作の梅干し、漬物などなど。ほとんどの食材を手作りする清水家のお料理に体が喜ぶ。
d0023111_12585447.jpg


食後のゆず茶とブルーベリー酢ドリンク。
ゆずもブルーベリーも庭に自生したもの。
のばらさんが作ったゆず茶に清水さんが集めた蜂蜜を溶かして。
この蜂蜜は日本蜜蜂の蜜で、すっきりとした甘さが最高!
市販されている蜂蜜のほとんどが抗生物質が使われている現実はあまり知られていないと思う。私も初めて聞いたのだけれど、舐めてみると味の違いにびっくりする。もはや蜂蜜まで自然のものを手に入れるのが難しい時代なのだと少々暗くなった。
それにしても蜂蜜まで自分で採取してしまうなんてすごい。
d0023111_1419556.jpg


迫力の窯出し作品
[PR]
by claudia8 | 2010-11-03 09:57 | 清水善行
ツリーハウスへ
d0023111_8185152.jpg
10月末2泊3日で関西方面にいらっしゃる作家さん宅数カ所へ訪ねました。
今回の訪問は、駅までお迎えに来てもらってから周辺の作家さん宅へ回っていただいたり、清水家にいろいろお世話になって感謝&感謝の3日間でした。
1泊目は京都にお住まいの陶芸作家清水善行さん宅泊。
1ヶ月前の電話で「ツリーハウスを建てたのでよかったら泊まって」との話に、トムソーヤのイメージ(木の上にちょこんとある小屋にはしごで登る)を抱いてドキドキワクワクしていたのですが…
行ってみると「なんということでしょう〜!」立派な別荘ではないですか〜!
これを清水さんと父親二人でつくったというからスゴイ。
写真上:母屋からツリーハウスへ水とお茶を持っていく。素敵なかご。


d0023111_8204096.jpg
下から見上げたツリーハウス。
ツリーハウスまでの階段。


d0023111_8354219.jpg
ロフト付き、屋根上デッキまで!
内装は珪藻土仕上げ、大きなはめ殺し窓から見える景色は1枚の絵画のよう。
下左:ツリーハウス窓からの眺め。かなり高い位置だとわかりますか?
下右:清水さんの急須で美味しいお茶を。


10月末、朝晩は冷えること覚悟でしたが湯たんぽとストーブで快適。
夜になると街灯もなく一寸先も見えない暗闇(月が出ていなかった為) 風に揺れる葉音や虫の声しか聞こえない。だけど恐いと感じることもなくぐっすり深い眠りにつけ、翌朝は気持ちよく起きられた。
夜中でも車の音、灯りは消えることない都会では熟睡していないのではないか?と思ったほど。
やる気さえあれば、こんなツリーハウスがどこにでも建てられてしまう広〜い土地、羨ましい〜!
[PR]
by claudia8 | 2010-11-02 08:30 | 清水善行