月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
早川ヤスシ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
奥野ビル@銀座
d0023111_1511391.jpg

ここでお腹を満たした後、銀座1丁目の奥野ビルへ
設計は川元良一(同潤会青山アパートを設計)
築1932年、中央区の文化財に指定されているビルです。
スクラッチタイルの外壁、手動で開け閉めするエレベーターや、入口にドーンと置かれている金庫、錆びた階段手摺り、タイルの壁などなどノスタルジックなアイテムが普通に使われて、昭和初期にタイムスリップしたよう。
今でも3代目奥野さんが大家さんであり、管理人として常駐。

上写真はアンティークを扱うギャラリーの窓。
隣のビルが改築中で光りが入っているけれど、隣のビルがあった時は手が届くすぐそこがビルの壁だったそう。新しい建物が建ってしまったら、また壁がすぐそこに来るらしいので、この窓から光りが入るのは今だけ。


d0023111_15313011.jpg






2つの棟が壁ひとつで繋がっている感じ。
壁のこちらと向こう対照に階段が配置されている。
これは当時の建築法、建築技術に関わっているのでしょうか?

ここの入居者の皆さんこの建物に愛着を持っているようでした。
入居してから「ここに住んでいたのよ」と当初の入居者や以前の入居者が尋ねてこられるそう。
入居者の方にいろいろお話しを聞いた。

つい先日まで、建設当初から住んでいたおばあちゃんは、この建物で「髪結い」をしていた。
建設当初は住居棟だったし、その当時ではある程度裕福でハイカラでモダンな方達が分譲していた。
そのハイカラモダンな女性たちにハイセンスの着物にあった最新の髪を結っていただろう。評判の髪結い師に綺麗に髪を結ってもらった女性は、背筋を伸ばして銀座の街へ。自身もオシャレな髪結い師のお店は繁盛し大忙し。何十年も現役を貫き通したであろう。
髪結いをしなくなり随分経っても「髪結い」の看板はそのまま。
時代は21世紀、もう住居として使用している人はごくごく僅か。
ほどんどがお店や事務所、ギャラリーとなり、若い人が出入りするビルとなっていた。
おばあちゃんは、夢を持った若者達と話しをすることが若くいられる秘訣と積極的にコミュニケーションとったり、お世話を焼いたり。
その若い人達にとって90代の可愛いおばあちゃんは、みんなのアイドル的存在。
入居者たちも、おばあちゃんの姿が見えないと髪結いの看板のある玄関から「おばちゃ〜ん、元気〜」と声を掛けたり。
近年はこのビルも有名になってTV,雑誌の取材が入るようになった。
おばあちゃんは取材が大好きで、意気揚々と取材に応じていた。
幾つになっても身だしなみが大切とオシャレをして。
そのおばあちゃんがちょうど100歳になった年、
静かに眠るようにこの世を去っていった。
今はもう、その「髪結い」の看板はない。

↑入居者の方のお話を聞いて。 一部想像部分もあります。
建設当初入居した方のモノクロ写真を見せていただきました。
居窓の外は銀座と思えぬ景色。当時にしたらハイカラだったであろうソファに座った着物姿の女性。浅く腰掛け、背筋をまっすぐに伸ばし、両足をきちんと揃えたその姿に、日本女性の美しさはこんな仕草なんだと改めて思った。
話しを聞いて、形見になってしまったというモノクロ写真を見て、涙が出そうになりました。
よき時代の建物にはよき時代の空気感が残っているものですね。
ずっと残してほしい建物です。
[PR]
by claudia8 | 2009-04-05 15:47 | その他 | Comments(8)
Commented at 2009-04-06 08:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by claudia8 at 2009-04-06 11:18
■鍵コメさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
そーなんですか! もうちょっと早く行っていたらお会いしていたかもしれませんね。
もしかして、ここのギャラリーにいたご婦人が師匠だっかのかしら。

不定期更新のブログですが、これからもどうぞ宜しくお願いします。
お時間ありましたらこちらにも是非いらしてくださいね。
Commented at 2009-04-06 23:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by claudia8 at 2009-04-07 08:41
■鍵コメさま
ご無沙汰してます!
二人共なんとか元気でやってますよ〜。 
お花見の季節ですね。でも桜を楽しむ時間が・・・・・
今週からだいぶ暖かくなりましたね。 どこかに出掛けたい気分がムクムク。
お誘いありがとう!  スケジュール見てご連絡します〜
Commented by studiopinot at 2009-04-08 14:54
 utuwa展にいらしたのね。
私も先日長い時間をかけてみてきました。ルーシーリーが大好きなのです。
カフェオレボールをUP致しました。
リンクさせて頂きました。よろしくおねがいいたします。
Commented by claudia8 at 2009-04-08 18:01
■pinotさま
こんにちは。私もLucie Rieは以前から好きです。特に象嵌が好き。
utsuwa展見応えありましたね。
動いてしゃべっているLucie、何ロールも見てしまいました(笑)
うずカフェオレボウルのエントリーありがとうございました。
TBいただきました。宜しくお願いします。
Commented at 2009-04-23 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by claudia8 at 2009-04-24 08:57
■鍵コメ様
お返事ありがとう。
なにか新しいことに向けて出発するって素晴らしいね。
なんだか自分のことのようにワクワクします。
お○メ???なんだろ
再スタートの時、楽しみにしています〜
<< U-TSU-WA 21_... 東銀座ランチ >>