月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
朴英淑の白磁
d0023111_15185631.jpg

日曜日に菊池寛実記念 智美術館で開催している朴英淑の白磁展へ。
9月15日までの期間でまたもやギリギリで間に合う。
休日には人口がぐっと減る静かな神谷町に来ると、別世界に紛れ込んだよう。
銀の和紙を貼られた螺旋階段ホール。
螺旋階段の手摺りは横山尚人氏による透明ガラス製。
展示ホールは螺旋階段を下りたところにありました。





<月壺について> パンフレットより
朝鮮王朝時代、17世紀末から18世紀にかけて京畿道広州の窯で作られた白磁器を韓国ではタル・ハンリ、『月壺(ゲッコ)』と呼んでいる。ふっくらと満月を思わせる豊かな量感を持った白磁器は、高さと胴がほぼ同じ寸法を成し、微かに歪んだ姿を暖かみのある白が朝鮮王朝時代の陶磁器の特徴をよく示しています。日本でも柳宗悦、志賀直哉、立原正秋など多くの知識人を魅了し、高い評価を得てきました。

d0023111_15431568.gif

月明かりに照らされたような月壺の展示は、
なにか語りかけてくるような力強ささえ感じた。
他に人がいない空間、作品と自分だけで対話するような贅沢な時間でした。

西洋館の裏手には人知れずひっそりと佇む茶室のような建物がありました。
美術館のある近代的な建物の中には緑の庭に沿って落ち着くカフェがある。
菊池寛実氏のための持仏堂もこちらから眺めることができる。
たまには静の世界にどっぷり浸かる休日もいいものだ。


*この日はカメラを持っていかず i phoneで撮影。
[PR]
by claudia8 | 2008-09-15 15:50 | その他
<< 展示会のお知らせ@Style-... 築地でなごみ >>