月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
早川ヤスシ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
image baton『香り』
d0023111_20112533.jpg

Cafe Latte 日和のcaferomaさんから、イメージバトンが廻ってきました。

1.受け取ったキーワード 
イギリス→オースティン→サイケ→色→風水→オレンジ→NICE CHOICE→心の栄養→融合→『文化』・『アメリカ』・『決断』→海→『ストレス発散』→『自分への小さなご褒美』→『ゆとりの時間』→『幸せのひととき』→『秋』→『香り』

caferomaさんから受け取ったキーワードは『香り』です。


香りから連想させられる物、時、場所、シチュエーションってありますよね。
音楽と同じように、この香りをかぐとあの時を思い出す・・・というように。
印象的な出来事が起きた時、嗅覚は研ぎ澄まされ、シチュエーションと香りが
密接に絡みあって脳の奥へとしっかり刻みこまれる。
何年経っても、その時の香りでその時の事が蘇ってくる。 素敵な記憶方法。

写真はイタリアチョコレートブラント〝AMEDEI〟
アルコールやシガーと楽しむ大人のチョコレート。
種類がたくさんあるのですが、それぞれの香りの表現がおもしろい。
「切ったばかりのポプラの木」「薪で焼いたパンの香り」
「羊皮紙やパピルスのような特別な紙のある文具店にただよう香り」
それぞれのチョコをどの銘柄のシガーまたはシェリーと合わせるか、
複雑かつ魅惑的な大人の遊び。 そんなひとときに憧れます。
パッケージの色は、その香りを表現しているようです。
香りと同じように、色も記憶と組み合わさってイメージさせられるもの。
秋は彩りの季節ですね。


2.渡すキーワード
私からお渡しするキーワードは『色彩』です。
 
3.渡してくれた人へのメッセージ 
とってもセンスのいいライフスタイルを送られているcaferomaさん。
お写真からも、素敵な人柄が手に取るように感じられます。

4.次にバトンを回す人3名
パン講師もされている、インテリアコーディネーターの丁子色のchakoさん。
インテリアコーディネーターから見た『色彩』のお話しが聞けたら・・・
お忙しいと思いますので、もし受け取れたら・・・よろしくお願いします。

[PR]
by claudia8 | 2005-10-08 20:13 | その他 | Comments(4)
Commented by chojiiro at 2005-10-08 23:26
香りと記憶の相関関係から、人間の五感は実に素晴らしいことがわかりますね。その一つの働きである鼻から脳への信号、これで記憶は蘇るものですね。久しぶりに実家に帰ると、家の香りを嗅ぐだけで、そこで過ごした幼少時代を思い出します。
〝AMEDEI〟のチョコレート、まるでワインの香りの表現のようです。詩的表現、美しい響きです。
芸術的な色・心理的な色・・・色彩・・・受け取りますね。

Commented by claudia8 at 2005-10-09 09:26
+chakoさん+
実家の香りってありますね! 住んでいた頃にはあまり感じなかったのに、家を離れてたまに帰ると感じる匂い。
ヨーロッパの人の香りの表現は個性的でとってもユニーク。
いにしえの日本でも、「浅葱色」「柳鼠」「鴇羽色」「紫苑色」など美しい表現があったことを思い出します。
お忙しいのにバトン受け取って頂けて、ありがとうございます。
Commented by caferoma at 2005-10-09 11:14
お忙しいのにバトンを受け取って頂きありがとうございました。
香りには音楽と同じような力がありますよね。ckのETERNITYは、それを身に付けていた学生の頃の自分に、ふと引き合わせてくれたりします(^^)
AMEDEI の香りの表現、すごくユニークですね。香り、味、色、舌触り・・・いろんな感覚を楽しめる贅沢なチョコレートという感じがします。ぜひ味わってみたくなりました。
Commented by claudia8 at 2005-10-09 18:48
+caferomaさん+
CK〝ETERNITY〟私も定番でした! その頃は「これは私の香り」と思っていたほど(笑) 付けている人多かったですよねー。
人に物を説明する時って、ボキャブラリーが必要だと気づかされますが、香りの表現もそうですね。
最近、「ほら、あれ、あれ」とか「あそこのあれ」とかの表現ばかりで簡単な単語まで忘れてます。 かなりヤバイ!
<< AMEDEIのチョコ 早めの夕食 >>