月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
志村睦彦陶展〜はじまります4
d0023111_1929412.jpg
志村睦彦陶展
2012年6月16日 Sat - 6月23日 Sat
11:00 - 18:00 (最終日 17:00)
★作家在廊日 : 6月16日Sat・17日Sun
☆カードのお取り扱いはございません(お振込対応可)


志村さんの青磁陽刻蓮文角皿に盛ったのは【お手製生麩】(下記レシピ掲載)
お料理は美養食研究家/シニア野菜ソムリエの丸田みわ子さん作。
生麩を自宅で作れるなんて知らなかった!
お酒のお供としての一皿に。






小麦たんぱく(別名:小麦グルテン)
聞きなれない方も多いかもしれませんが、実はスーパーの製菓売り場などで小麦粉や米粉が並んでいる棚で手に入りますよ♪

パンや洋菓子のイメージも大きい小麦たんぱくですが、名前の通り、タンパク質が豊富で、炭水化物が少ないのです。

他に野菜からは採れにくい、マグネシウムも豊富ですよ。
マグネシウムはアンチエイジング効果が期待できますね。

生麩の生地のつなぎで入れる、長芋は、ネバネバ成分のムチンがお馴染み。
体内でヒアルロン酸が生成されやすくなりますね。

生麩は高価なイメージがありますが、
フードプロセッサーがあれば、とっても簡単にできる美養食なので、
ぜひ、小麦タンパクで作ってみてください!


◆小麦タンパクで作る簡単「生麩」

 ●材料 (小麦タンパク100g分)
 ・粉末状小麦たんぱく  1袋(100g)
 ・上新粉 50g
 ・片栗粉 50g
 ・水 100cc
 ・長芋 トロロ状にしたもの 50g
 ・てんさい糖 大さじ1
 ・塩 小さじ1/2
 ・黒ゴマ 大さじ2

 ●作り方

  1、片栗粉50gを水100ccで丁寧に溶いておく。

  2、フードプロセッサーに皮をむいた長芋を入れて撹拌し、
    トロロ状にする。

  3、トロロを入れたままの状態で、上新粉、てんさい糖、塩、
    1の水溶き片栗粉を入れて撹拌し、
    一まとまりになったら一度取りだす。

  4、手で2等分にし、半分は巻きすなどで
    長さ20cmほどの楕円の円柱型にする。

  5、後の半分はフードプロセッサーに戻し、
    黒ゴマ大さじ2と共に撹拌する。
    ゴマが全体に混ざったら取りだして4同様にかたどる。

  6、食べる際に、5mm程度にカットし、軽く、熱湯にくぐらせてください。

   ※カットしたものを両面、焼いても、お味噌汁の具などに入れても美味です。 
[PR]
by claudia8 | 2012-06-14 19:46 | 志村睦彦
<< 志村睦彦陶展〜明日から 志村睦彦陶展〜はじまります3 >>