月2~3回 作家企画展開催  『Style-Hug Gallery 』    器のギャラリー JR原宿竹下口より徒歩5分 /副都心線 北参道より徒歩7分
by claudia8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
Website
カテゴリ
全体
アクセス
年間スケジュール
antos
新学
東ユキヤス
安部太一
阿部春弥
荒木義隆
安齋新・厚子
五十嵐裕貴
石岡信之
石田辰郎
伊藤環 1+0
伊藤剛俊
稲葉信一
稲吉善光
井上陽子
内田悠
utopiano
大迫友紀
大浦裕記
大江憲一
岡田直人
沖澤康平
翁再生硝子工房
小倉広太郎
小澤基晴
加藤恵津子
加藤かずみ
上泉秀人
艸田正樹
北山栄太
楠本景子
クロヌマ タカトシ
郡司庸久
cogu/小具
co-fu 奥田早織
小林克久
小峰英利
今野安健
境知子
坂場圭十
さこうゆうこ
左藤玲朗
清水善行
志村睦彦
須田二郎
添野順
高島大樹
竹本ゆき子
只木芳明
橘友博
棚橋祐介
月日工藝
角田淳
津村里佳
寺田昭洋
寺村光輔
照井壮
灯々舎
都築明
戸塚佳奈
富井貴志
冨本大輔
鳥山高史
中川久美子
中園晋作
中野知昭
長峰菜穂子
中村明久
中村恵子
名古路英介
成田理俊
中村友美
新田佳子
蜂谷隆之
服部竜也
林拓児
羽尾芳郎
原口潔
原田七重
未草 小林寛樹
未草 小林庸子
福永芳治
藤田春香
船串篤司
古谷朱里
古谷宜幸
古橋治人
heck.haru
松塚裕子
松原竜馬
松本美弥子
水垣千悦
光藤佐
mitome tsukasa
宮岡麻衣子
宮田光善
村上圭一
村上奨
村上雄一
萌窯
森岡成好
森岡由利子
八木麻子
柳川謙治
矢野義憲
山岸厚夫
山崎美和
山田洋次
吉田直嗣
余宮隆
李英才
鷲塚貴紀・かおる
和田麻美子
和田由記子
渡辺遼
qan:savi
Works
Organic cafe&restaur
外食
家食
いただきもの
Sweets
Bread
travel
小旅行
Interior
お食事会
お茶会
フォトレッスン
ワークショップ
金継教室
花のしつらい教室
その他
境知子
アンティークビーズアクセ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
急須・土瓶・ポット展〜山田洋次
d0023111_17545165.jpg
今週土曜日から9名の作家さんの作品が一同に並ぶ、急須・土瓶・ポット展がはじまります。

■急須・土瓶・ポット展
 2010年9月11日(土)〜18日(土)
 11:00〜18:00(最終日17:00)
 作家在廊日 照井/山崎=11日(土)
 ※カードのお取り扱いはございませんが、お振込後着払発送承ります。


2人目は、山田洋次さん(信楽)
d0023111_17565559.jpg
フレンチプレス式コーヒーポット。
陶器で作られたプレス式はとってもめずらしいと思います。紅茶ポットとしても使用できます。
英国で学ばれた山田さん、陶器というよりPotteryといった方がしっくりくる感じ。
スリップウエアの技法を使い装飾した作品は、電子レンジ使用可能の丈夫なものです。
秋、読書をしながらサイドテーブルにはこんなコーヒーポットが似合いそう。


○山田 洋次(やまだようじ)

1980年  滋賀県東近江市生まれ

2002年  信楽窯業試験場 小物ロクロ科 修了

2003年  龍谷大学理工学部物質化学科 卒業

2007年  渡英 Maze Hill Pottery にてLisa Hammondに師事。
       ソーダ釉を学ぶ。

2008年  帰国

       現在、信楽にて制作中







<ソーダ釉> (Soda Glaze)

塩釉が、焼成中の窯に塩をそのまま投入するのに対し、
ソーダ釉では、熱湯で溶かした重曹(ソーダ)をスプレーで窯に投入する。
粘土に含まれるシリカ、アルミナ、鉄分などとソーダが結合することによって、独特の斑模様と艶が発生し、また、ホウ素を加えることによって、同時にガラス質で覆われた仕上がりとなる。


<スリップウエア>
白色や有色の泥漿状の化粧土(スリップ)で文様を描き出し、
ガレナ釉と呼ばれる鉛釉を掛けて低火度で焼く陶器。

■以下、作家さんとのメールより抜粋。
100年ほど前に英国から日本に入ってきたスリップウェアの器はこのようにして作られていたものですが、僕が作っているものはこれとは違うものです。

海外では陶器をstoneware(高火度土 焼成温度1200〜1300度)とearthenware(低火度土 焼成温度1100度)に別け、一般にはearthenwareに化粧土で装飾したものをスリップウェアと言います。

僕が作っているものは化粧土(スリップ)で文様を描き出していますが、stonewareです。1200度程で焼成しているためearthenwareに比べ丈夫で、釉薬に鉛を含んでいないので健康被害もありません。

英国で展示会をしたとき、そこのオーナーは僕の作品を『stoneware with slip trail』と表記していました。

ですので、スリップウェアの技術を使い装飾したものというのが正確な表現だと思います。

しかし、現在は僕の様な方法で模様をつけた器もスリップウェアと言われているので、スリップウエアと言っていただいて結構です。
[PR]
by claudia8 | 2010-09-07 06:15 | 山田洋次
<< 急須・土瓶・ポット展〜山崎美和 急須・土瓶・ポット展〜照井壮 >>